trust Blog

2014年4月11日

シャンプーの極意?

こんにちは trust の伊澤です

ソメイヨシノはそろそろ葉桜になってきましたが

まだこれから八重桜が見どころのようですね。

桜の種類はなんと!300種類以上あるそうで

調べてみるとなかなか面白いです。

 

さて、入学式や入社式を終え、

慣れない初登校や初出勤をしている方も多いと思います。

trust にも、高校生になったばかりの男子~が

美容室デビューで来てくれたりしてます。

今まで床屋さんだったり、シャンプーはしないサロンだったりするので

美容室のシャンプー台では戸惑ってる方、多し。

なので、今日はシャンプーの受動態?をご披露しま~す

 

trust では、しっかり寝てもらうタイプのシャンプー台を使っております。

↓ こんなの。

DSC_0997

でっ、まず、頭の位置なんですが・・・

美容師なら皆が持っているお人形を使って説明しますので、

ご飯中の方は気をつけてください・・・( あっ、何の関係もありませんでしたね)

DSC_0994

この写真のように、

後頭部のいわゆる 《 ぼんのくぼ 》 の上の骨の出っ張っているところを

黒い枕とフィットさせてしまうと、体が斜めになってしまうので、

ニュートンの法則により、確実にお湯が背中に流れてしまうのです

なので、下の写真のように ( シュシュの位置が目印ね)

DSC_0995

 《 ぼんのくぼ 》 の引っ込んでるところを枕に合わせていただけると有難いです

 

あと、

えりあしをシャワーで流させていただく時、自力で頭を持ち上げてくださる方、

『 頭って重いから、悪いわ!』 って親切に思ってくださってありがとうございます。

ただ、ご本人が思っている以上に頭が持ち上がっているので

ひっくり返して使っているシャワーのヘッドが噴水のようになってしまう場合もあります

私たち美容師は重い頭を支えるコツを知っているので、重さはまったく感じないんです

なので、trust で腹筋を鍛えないでリラックスしてくださって結構です

どうぞ、煩悩から解き放されてすべてを私に委ねてください・・・

 

以上、

今回はシャンプーを上手に受ける為のテクニックをお伝えしました~

伝わったかしら・・・